韓国人アーティスト김정훈(John-Hoon)さんのファンカフェです

# Kim Jeong Hoon☆FanCafe

韓国メディア記事より

韓国メディア記事より嬉しい記事です^^


KJH-326.png


◆「学校に行ってきます」キムPDさんの記事~ジョンフンの箇所を抜粋

「キム・ジョンフンの活躍期待してもいいよ」


合編成チャンネルJTBC芸能番組「学校行ってきます」は、去る12日、放送1周年を迎えた。

最近キムPDが新たに導入したシステムは、まさに「固定出演」である。
長い間、「学校行ってきます」としてきたカンナムのほか、歌手兼俳優キム・ジョンフンを新しい固定出演者に確定したもの


これに対してキムPDは「実際に私がプログラムを担当している間にレギュラー出演者を置く考えは全くなかった」は意外な答えに目を集め、「過去に出演したソン・ドンイル、ユン・ドヒョンさんもとても良かったが永く繰り返して見たら視聴者の立場では、真正性が離れて見えるしかなかった」という説明を付け加えた。


しかし、少し前に完成した高揚国際高校編録画当時カンナムとキム・ジョンフンとの間の「意外なケミ」を発見した。
キムPDは「二人程度は着実に出演しても大丈夫のようだ」という方向心を変えることになったと。


新しい学校に行くたびに変わるメンバーで話題性の継続的に更新されるのに対し連続性が消えたという点が気になった。
キムPDは「継続性、話題性をのせていく方向に変えて見ようと」とキム・ジョンフンのレギュラー出演決定の背景を明らかにした。


その多くの出演者の中カンナムの新しい相棒でキム・ジョンフンを決めた理由は何だろうか。


キムPDは「初めての撮影時に見て「こんなキャラクターがいるんだな」と思った」と、彼との初めての出会いを回想した。
撮影序盤のキム・ジョンフンからは「引きこもり一人ぼっち」の香りが出るほどだったと打ち明けた。


「少し心配をしたことは事実だが会話を交わしてみると全くそうではなかった」とし「ただ昔芸能人だからか指示もなく自由な雰囲気の中で録画が進行されている現場の雰囲気に「メンブン」を訴えた」と述べた。


回を見て「キム・ジョンフンはバラエティーに出てきて、なぜこのように真剣になるのか分からない」と思った方もあるでしょう」との回答を継続し、キムPDは「しかし、キム・ジョンフンは、知れば知るほどタマネギのようなキャラクターだった。


最近では、奇妙なギャグを披露して、自分で少しずつ緊張が解けたような姿をさらしているので可愛く見ていただきたい。
グループUNで活動した時とはまた違った魅力が出てきている」と彼かばった。


ここ最近、キム・ジョンフン、ハニー、ユンソンヒ、キム・ボムスなど研究に一家言がある出演者が相次いで登場したせいで「学閥主義PDではないか」という話を聞いたりしたと大笑いを見せた彼女は「ブレインを集めたグループに加えて新鮮なアイドルで構成されたグループ、芸能感に優れたグループなどに分けておく方だ。


ところが、いつもブレインだけ話題になる」と悔しさを訴え、「各出演者のスペックは可能な限り初回のみ紹介して風変わりな反転の魅力を見せようとするたびに勉強できる姿だけが話題になったよ」と、「それでも親の方はそのような点をより好まれるようだった。」と言って爆笑を誘った。


最後に、自分は途中で投入された演出であるため、1周年記念辞を詠んはあまりにも恥ずかしいとキムPDは、その代わりに今後「学校行ってきます」をどのような方向に導いていくのかについて説明をしてインタビューを終えた。


「むしろ私の視聴率を上げたので、スプーンを乗せたとは思っていないだろう。
ただし、現在の視聴率が高い話題性に沿ってより上がったら良いでしょう。今私与えられた課題はどのように多くの固定視聴者を捉えるという問題です。


カンナムとナンジュヒョクの「ブロマンス」は終わったがカンナムとキム・ジョンフンの「トムとジェリー」の関係が追加され楽しくなるだろう。


また、思い出も振り返ることができ、癒しにもなる「学校行ってきます」に多くの芸能人の方々が関心を持ってくれることを願います。


キム・ジョンフンさんがそうですよ。
「私は出来なかった経験をした。新しい学生時代をプレゼントしてくれてありがとう」って。


ただバラエティー出演と思わずに「学生時代を再び体験すると考えれば、より多くのものを得て行くことができるでしょう。


KJH-327.png
写真お借りしました。


記事元 TV Dailyより(翻訳機使用)

# プロフィール

KJH-CAFE

Author:KJH-CAFE
Kim Jeong Hoon(김정훈)さんを
応援しています

日本ではJohn-Hoonとして
歌手・俳優など幅広く活躍中です。

2014年1月20日よりFC2にお引越しました。
至らないところも沢山ありますが
皆さん宜しくお願いします。



◆サイト内の記事・画像は個人の趣味の範囲内で使用しております記事・画像の著作権はそれぞれの所有者に帰属し権利を意図的に侵害するものではありません

◆管理人の許可のない営利目的の書き込み誹謗中傷は予告なく管理人の判断で削除します。

◆サイト内の画像についてです
クレジットを削除する等の加工はご遠慮下さい
宜しくお願いします^^

【プロフィール】
John-Hoon (김정훈 Kim Jeong Hoon)

◆DISCOGRAPHY◆
2017年  「記憶の香り」
2017年  「Prologue~恋を呼ぶ唄~」
2016年  「Marry me,Marry you」韓国
2016年  「春風」
2015年  「Special Day」
2014年  「하루」韓国
2014年  「LOVE×BEST」
2013年  「春恋」
2013年  「二人記念日」
2012年  「VOICE 2」
2012年  「MESSAGE」
2012年  「僕の話(My Story)」
2012年  「VOICE」
2012年  「おバカなママOST Part.2」
2012年  「輝ける彼女 Part.1」
2011年  「ロマンスが必要よ OST Part.1」
2011年  「Present」
2010年  「待」
2010年  「アルデンテ」
2010年  「Rainy Flash」
2009年  「1st MINI ALBUM」韓国
2009年  「Blue Moon」
2008年  「今日も新しい夢を見る」
2008年  「You are not alone」
2008年  「君を守りたい」
2008年   恋愛兵法OST 「Love Theme」
2008年  「Kim Jeong Hoon Best Album 2000~2005 UN YEARS」
2008年  「サクラTEARS」
2007年  「僕たち いつかまた・・・~ETERNITY~」
2007年  「君に出会った日から」
2007年  「僕は君を愛してる」
2007年  「SAD SONG」
2006年  「5 Stella Lights」
2006年  日本ソロデビュー。
2005年  UN解散
2005年  UN 5th「彼女へ」
2004年  UN 4th「Reunion」
2003年  UN 3.5th「Sweet&Strong」
2002年  UN 3rd「Extreme Happiness」
2001年  UN 2nd「Traveling you」
2000年  UN 1st「UNITED N- GENERATION」
2000年 「UN」デビュー

◆ドラマ◆
2016年 「卿本佳人」(中国)
2016年 MBC「다시 시작해」
2016年 「武神趙子龍」(中国)
2015年 SBS「魔女の城」
2015年 KBS「ミッシング・コリア」
2015年 Web「初恋不変の法則」
2013年 JTBC「彼女の神話」
2012年 SBS「愛の贈り物」
2011年 「LOVE ON TIPTOE」(中国制作)
2011年 TvN「ロマンスが必要」
2008年 「恋愛兵法」(中国天意TV制作・湖南TV系列で放送開始)
2007年 SBS「魔女ユヒ」
2006年 KBS「霧の視程距離」1話完結ドラマ
2006年 MBC「宮~Love in Palace~」
2005年 TBS系「ヤ・ク・ソ・ク」
2002年 SBSシチュエーション ・コメディー 「オレンジ」

◆映画◆
2014年 『野良犬たち(原題)』
2011年 『ハートに一発』
2009年 『カフェ・ソウル』
2004年 『ふざけるな』
2004年 『DMZ 非武装地帯 追憶の三十八度線』

# Web page translation

# 最新記事

# KOREA

# JAPAN

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# QRコード

QR