韓国人アーティスト김정훈(John-Hoon)さんのファンカフェです

# Kim Jeong Hoon☆FanCafe

「武神 趙子龍」キム・ジョンフン - ユナ、中シンドローム国内上陸

韓国メディア記事より

「武神 趙子龍」キム・ジョンフン - ユナ、中シンドローム国内上陸



写真お借りしました。


キム・ジョンフンがユナとの中国症候群を国内で続いていく。

キム・ジョンフンとユナが出演する時代劇「武神 趙子龍」は、4月の中国湖南衛星TVで初めて電波に乗った後、各種動画サイト累積ヒット100億ビューを突破するなど、大きな愛を受けた。

これ来る10月3日の夜10時、ケーブルチャンネル中華TVを通じて国内でも初放送を確定したもの。中国の小説「三国志演義」に登場する英雄ジョジャリョンの話を扱った「武神 趙子龍」は、中国後漢末年を背景に、個性の強い人物たちが繰り広げる戦争、愛、成長物語を描いた時代劇である。

少女時代のユナ(ハフ・ギョンイ)、中国の俳優である更新(ジョジャリョン)と一緒にキム・ジョンフン(ゴチク)が共同主演で出て、国内でも高い関心を受けてきた。

特に趙子龍のライバルでありハフ・ギョンイの婚約者ゴチクに扮したキム・ジョンフンは、頭脳であれば頭脳、武道であれば武術できないことがない三国時代オムチナで活躍、三角関係を形成して劇の流れを導いてながら大陸でも正常に目で存在を撮った。

最初の中国ブラウン管進出と一緒にドラマのOSTにも参加するなど、特有の八方美男魅力を伝えたキム・ジョンフンは、国内で放映される「武神 趙子龍」を介してユナと一緒に韓国でも再び人気を牽引することでさらに期待が寄せられている。

一方、キム・ジョンフンはMBC連続ドラマ「もう一度始めよう」の男性主人公しハ・ソンジェで好演を続けている。



記事はこちらから 

Mars HP

tenasia


やっと韓国でも放送が決まったんですね~良かったです^^


 | ホーム | 

韓国メディア記事より、国際ウェブ映画祭「Kウェブフェスト」主演男優賞を受賞

こんばんは。

やっと今日、韓国メディアに記事があがっていました。

遅くなったけど嬉しいニュースなので^^



キム・ジョンフン、国際ウェブ映画祭「Kウェブフェスト」主演男優賞を受賞

20160822kjh.jpg

「元祖韓流プリンス」キム・ジョンフンが国際ウェブドラマ映画祭「Kウェブフェスト」で主演男優賞を受賞し、グローバルな俳優としての活躍​​にさらに期待を高めた。

去る20日、ソウル江南区のCOEXオーディトリアムで開催された第2回「Kウェブフェスト(KWEBFEST)」映画祭賞ショー(Award Show)で、Webドラマ「ミシンコリア(Missing Korea)」で主演男優賞を受賞した。

この日のドラマの撮影中でやむを得ず出席できなかったキム・ジョンフンは、自分のインスタグラムにトロフィーと一緒の認証ショットを投稿した。

続いて所属事務所を通じ「このような大きなイベントに広報大使に委嘱されたことだけでも光栄なのに賞までいただき、より大きな光栄である。初めて挑戦したウェブドラマで受賞した最初の賞なので私には意味が大きい。
一緒にした監督とスタッフたち、そして北朝鮮の女性の役割を完全にやり遂げたサンダラ・パクと他の俳優たちにこの栄光を帰したい」
と感謝の所感を伝えた。


昨年11月に、ネイバーTVキャストとKBSを通じて放送された「ミシンコリア」(脚本ギムヨウンオングォンサンフイ、演出ミンヅシク)は、南北関係がヘビンギに入り、南と北が共同でミスコリア大会を開催するというユニークな設定を背景に`第1回南北ミスコリア大会`に開城工業団地女工たちが北朝鮮ミスコリアの代表団と変わり生じるドタバタ挑戦記を描いた作品である。

キム・ジョンフンは、劇中ミスコリア大会招致委員会の責任室長であり、遊び人ダルビョンガ役を演じ2NE1のサンダラ・パクと呼吸を合わせて、国内だけでなく中国、香港、東南アジアなどの海外でも、よりグローバルな関心を集めた。

一方、今年で2回目を迎えたアジア唯一のWebシリーズ(ウェブドラマ)専門の国際映画祭「Kウェブフェスト」は、去る18日から20日まで三日間盛況のうちに開催された中で、海外25カ国65作品と国内42個など計107作品が出品されて競争を繰り広げた。

一方、キム・ジョンフンは、現在MBC連続ドラマ「もう一度はじめよう」で主人公しハ・ソンジェ役を引き受けて熱演を続けている。


記事元は wowtv より



ジョンフン 受賞おめでとう~~

よかったね^^


 | ホーム | 

K Web Fest メディア記事

韓国メディアに今日のK Web Festの記事がたくさんあがってきていました^^


20160818-6.png

Kウェブフェスト2広報大使、キム・ジョンフン - チェ・ユニョン

ウェブシリーズ(ウェブドラマ)専門の国際映画祭2016」の広報大使歌手兼俳優キム・ジョンフン(右)と
チェ・ユニョンが18日午後、ソウル江南区三成洞のCOEXで開かれた「第2回Kウェブフェスト映画祭」
レッドカーペットイベントで挨拶をしている。


20160818-10.jpg
20160818-9.png
20160818-7a.jpg
20160818-4.jpg
20160818-8.png
写真はすべてお借りしました。



記事と写真はこちらから

Stardailynews(動画もあります)

media daum net


 | ホーム | 

今日のJH^^がアップされました~

こんにちは~

今日も暑いですね(;´Д`)



フニーズに今日のJH^^がアップされました~

会員の方は行って見てくださいね^^

HOONEEs


KJH-493.jpg

ジョンフン 写真ありがとう~

暑い中 撮影おつかれさま。。

体調に気をつけてね^^

 | ホーム | 

「Kウェブフェスト2016」主演男優候補+広報大使に抜擢


韓国メディア記事より抜粋。

キム・ジョンフン、「Kウェブフェスト2016」主演男優候補+広報大使に抜擢

KJH-492.jpg

歌手兼俳優キム・ジョンフンが、第2回「Kウェブフェスト2016」の広報大使として活躍する。

2日ウェブシリーズ専門の国際映画祭「Kウェブフェスト2016」側は「韓国を中心に、中国と日本までの活動能力を広げ活躍中の歌手兼俳優キム・ジョンフンを新しい広報大使に選定した」と明らかにした。

キム・ジョンフンは、昨年グループ2NE1サンダラ・パクと呼吸を合わせた「ミッシングコリア」を介してWebドラマに出演している。この作品で、国内主演男優賞候補に上がったイベント広報大使社まで委嘱されて意味を加えた。

これに対してキム・ジョンフンは、「広報大使に主演男優賞候補にも上がって嬉しく光栄だ。映画祭を知らせるのに最善を尽くしたい」と所感を伝えた。



今年で2回目のWebシリーズ専門の国際映画祭「Kウェブフェスト2016」は、「Make it Yours」というスローガンのもと、18日から20日までの3日間、ソウル江南区三成洞のCOEXで開かれる。

今回の映画祭には、合計22カ国106作品が出品され、昨年10カ国よりも大きくなった規模に成長した。国内作品では、「クリック・ユア・ハート」と72秒」、「君に触れるよ」、「ミシンコリア」、「疾風企画」、「アブ吐きヤップ!」 、海外作品は、「エアロック」、「ドラマの世界」、「AFK」、「OSOMSIS」、「ナンバー・オブ・サイラス」などが主要部門候補に上がった。歌手キム・ヒョンソンが脚本と演出を引き受けた「月子」を含むバーチャルリアリティ(VR)のウェブシリーズ部門も追加された。

主演男優賞には「ミッシングコリア」キム・ジョンフンと一緒に「君に触れるよ」オク・テギョン、「後遺症」キム・ドンジュン、「疾風企画」ペク・ソンヒョン、「不滅の女神」ジェヒなどが、国内主演女優賞部門には「ミシンコリア」サンダラ・パク、「クリック・ユア・ハート」ミナ、「恋愛探偵シャーロックK 'ナム・ボラ、「君に触れるよ」ソンハユンなどが候補に上がって競合する。

記事元


今日は嬉しいお知らせがあがりましたね~

ジョンフン おめでとう!

嬉しいね(*^^*)


 | ホーム | 

# プロフィール

KJH-CAFE

Author:KJH-CAFE
Kim Jeong Hoon(김정훈)さんを
応援しています

日本ではJohn-Hoonとして
歌手・俳優など幅広く活躍中です。

2014年1月20日よりFC2にお引越しました。
至らないところも沢山ありますが
皆さん宜しくお願いします。



◆サイト内の記事・画像は個人の趣味の範囲内で使用しております記事・画像の著作権はそれぞれの所有者に帰属し権利を意図的に侵害するものではありません

◆管理人の許可のない営利目的の書き込み誹謗中傷は予告なく管理人の判断で削除します。

◆サイト内の画像についてです
クレジットを削除する等の加工はご遠慮下さい
宜しくお願いします^^

【プロフィール】
John-Hoon (김정훈 Kim Jeong Hoon)

◆DISCOGRAPHY◆
2017年  「記憶の香り」
2017年  「Prologue~恋を呼ぶ唄~」
2016年  「Marry me,Marry you」韓国
2016年  「春風」
2015年  「Special Day」
2014年  「하루」韓国
2014年  「LOVE×BEST」
2013年  「春恋」
2013年  「二人記念日」
2012年  「VOICE 2」
2012年  「MESSAGE」
2012年  「僕の話(My Story)」
2012年  「VOICE」
2012年  「おバカなママOST Part.2」
2012年  「輝ける彼女 Part.1」
2011年  「ロマンスが必要よ OST Part.1」
2011年  「Present」
2010年  「待」
2010年  「アルデンテ」
2010年  「Rainy Flash」
2009年  「1st MINI ALBUM」韓国
2009年  「Blue Moon」
2008年  「今日も新しい夢を見る」
2008年  「You are not alone」
2008年  「君を守りたい」
2008年   恋愛兵法OST 「Love Theme」
2008年  「Kim Jeong Hoon Best Album 2000~2005 UN YEARS」
2008年  「サクラTEARS」
2007年  「僕たち いつかまた・・・~ETERNITY~」
2007年  「君に出会った日から」
2007年  「僕は君を愛してる」
2007年  「SAD SONG」
2006年  「5 Stella Lights」
2006年  日本ソロデビュー。
2005年  UN解散
2005年  UN 5th「彼女へ」
2004年  UN 4th「Reunion」
2003年  UN 3.5th「Sweet&Strong」
2002年  UN 3rd「Extreme Happiness」
2001年  UN 2nd「Traveling you」
2000年  UN 1st「UNITED N- GENERATION」
2000年 「UN」デビュー

◆ドラマ◆
2016年 「卿本佳人」(中国)
2016年 MBC「다시 시작해」
2016年 「武神趙子龍」(中国)
2015年 SBS「魔女の城」
2015年 KBS「ミッシング・コリア」
2015年 Web「初恋不変の法則」
2013年 JTBC「彼女の神話」
2012年 SBS「愛の贈り物」
2011年 「LOVE ON TIPTOE」(中国制作)
2011年 TvN「ロマンスが必要」
2008年 「恋愛兵法」(中国天意TV制作・湖南TV系列で放送開始)
2007年 SBS「魔女ユヒ」
2006年 KBS「霧の視程距離」1話完結ドラマ
2006年 MBC「宮~Love in Palace~」
2005年 TBS系「ヤ・ク・ソ・ク」
2002年 SBSシチュエーション ・コメディー 「オレンジ」

◆映画◆
2014年 『野良犬たち(原題)』
2011年 『ハートに一発』
2009年 『カフェ・ソウル』
2004年 『ふざけるな』
2004年 『DMZ 非武装地帯 追憶の三十八度線』

# Web page translation

# 最新記事

# KOREA

# JAPAN

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# QRコード

QR